スポンサードリンク

2007年07月31日

事務所荒らしで個人情報含むパソコン盗まれる - ピーエス三菱

盗みに対しては、ちょっとてだてが難しいですね。個人情報が入ったパソコンを持っていかれるとはいえ、毎回カギがかかるところに収納するというのもちょっと・・・

(セキュリティネクストより引用)

ピーエス三菱は、個人情報を保存したパソコンや携帯電話を7月8日に盗まれたことを明らかにした。

工事現場の事務所が何者かに荒らされ、パソコンなどを持ち去られたもの。パソコンには、氏名や工事内容など88件の個人情報を保存していたほか、氏名や電話番号など3件の個人情報を含む携帯端末が盗難被害にあった。

同社では、警察へ被害を届け、関係者に対して事情を説明、謝罪した。不正利用などの報告は受けていないという。

posted by 顧客情報流出ニュース at 00:00| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

損保ジャパン 2990人分の情報流出

また、保険会社の顧客情報が流出です。代理店の監督をしっかりやってもらいたいものです。

(NikkeiBusinessIより引用)

 損害保険ジャパンと子会社の損保ジャパンひまわり生命保険は23日、愛知県内にある代理店のパソコンがウイルス感染しファイル交換ソフト「ウィニー」を通じ、顧客と保険加入者の健康診断などを行う嘱託医を合わせ2990人分の情報が流出したと発表した。現時点で情報の不正使用は確認されていないという。

 流出したのは、(1)損保ジャパンのテニス保険などに加入している58人分の氏名、生年月日、住所、電話番号など(2)ひまわり生命の嘱託医2932人分の氏名、病院名、住所などの2種類の情報。外部から電子メールで情報提供があり、18日に両社の顧客情報だと確認した。

 両社は顧客と嘱託医に書面を通じて謝罪するとともに、代理店にウィニーを利用しないよう指導を徹底するとしている。
posted by 顧客情報流出ニュース at 12:31| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

<アフラック>顧客情報約15万人分 代理店社員がパソコン紛失

アフラック顧客情報流出。盗まれたとはいえ、きちんと対応する姿勢はさすが外資系、という感じです。しかし、犯人は顧客情報を見る自信があるのでしょうか?

(ヤフーニュースより引用)

 アメリカンファミリー生命保険(アフラック)は26日、代理店社員が、顧客情報15万2758人分(契約件数20万4716件)の契約内容や住所、氏名、生年月日などを記録したパソコンを盗まれたと発表した。紛失件数は保険業界では過去最大級。パソコンには起動用のパスワードに加え、暗号化された顧客情報を見るための別のパスワードが設定されており、同社は「顧客情報の閲覧は困難」と説明している。
 盗まれたのは、アフラックの代理店「ツーサン」(東京都)の社員。7月17日午前の出勤途中の電車内で、網棚に置いていたカバンが無くなっているのに、下車しようとして気付いた。別の駅でカバンは見つかったが、中にあったパソコンだけが盗まれていた。
 アフラックの規定では、営業用パソコンの社外への持ち出しは禁止していないが、持ち出す顧客情報は必要最小限にとどめるよう求めている。盗まれたパソコンには、ツーサンが保有する契約すべてが記録されており、アフラックは「規定に違反する可能性があり、全代理店への指導を強化する」としている。
 アフラックは同日付で、該当する顧客に郵送で連絡するとともに、問い合わせのフリーダイヤル(0120・506・488)を設置した。
posted by 顧客情報流出ニュース at 09:48| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

米沢信金が顧客情報紛失

顧客情報が流出したわけではありませんが、これはこれで迷惑な話ですね。信用にキズが・・・

(ヤフーニュースより引用)

 米沢信用金庫(種村信次理事長)は20日、米沢市の本店で記者会見し、顧客の氏名や取引金額などが記載された202人分の内部資料と、1247人分の預金印鑑票の紛失があったことを公表した。ともに誤って破棄した可能性が高く、同信金は「顧客情報が外部に流出する可能性は低い」という。

 紛失した顧客情報などの資料は、渉外担当者が行った集金、証書預かりなどの記録を一覧表形式に印刷した「吸上げ明細一覧表」と呼ばれるもので、顧客の氏名や住所、顧客番号、取引金額などが記載されていた。

 いずれも北部支店(米沢市)で扱った2006年5−7月の3カ月分と同年9月5日、07年2月16日、同28日の3日分に当たる202人分、計1256件のデータが記されていた。

 今年6月上旬、06年度分の保管整理作業をした際に紛失が分かった。担当者が施錠できる机で一時保管していたが、誤って必要のない別の資料とともに細断機にかけ、破棄したものとみている。
 
posted by 顧客情報流出ニュース at 00:00| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。