スポンサードリンク

2007年08月13日

顧客の個人情報がWinny流出の可能性 - セイコーアイ・インフォテック

セイコーアイ・インフォテックは、顧客の個人情報がファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出した可能性があると発表した。

流出した可能性があるのは、同社が1976年から2002年までに扱った顧客の個人情報6957件。氏名をはじめ、会社名や住所、役職、電話番号といった勤務先の情報などが含まれる。また親会社であるセイコーインスツルのグループ会社従業員の氏名など190件も流出した可能性がある。

従業員は、2003年に自宅で業務を進めるため自宅へデータを持ち出していたもの。2004年からパソコンへWinnyをインストールしていたが、7月28日にウイルス感染に気が付いたという。同社では、業務情報の持ち出しを禁止していたが、守られていなかった。10日の時点で個人情報の不正利用など受けていないとしている。

同社では、経済産業省へ事故を報告し、関連する顧客へ事情説明と謝罪を行った。持ち出しに関する規定の見直しなど再発防止策を実施するという。

posted by 顧客情報流出ニュース at 12:44| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。