スポンサードリンク

2007年08月24日

個人情報130万人分盗まれる〜モンスター・コム、被害者に通知

顧客情報を盗むのみならず、ハッカーにかかるとこんなことまでされてしまうんですね。。。

(US FrontLineより引用)

 就職斡旋サイト大手モンスター・コムで130万人分の個人情報がハッカーに盗まれたことが分かり、同社は24日までに被害者に郵便で通知を始めた。

 ロサンゼルス・タイムズによると、ハッカーが企業顧客を装ってモンスターのデータベースにアクセスし、就職希望者の履歴情報を盗んだとみられる。親会社のモンスター・ワールドワイドがこのほど、コンピュータ・セキュリティ大手シマンテックが見つけたデータを分析して被害者を特定した。

 モンスターには約7000万人の履歴情報が蓄積されている。今回の事件は、連邦捜査局(FBI)およびテロの予防捜査を担当する国土安全保障省のシークレットサービスが調査を進めている。

 盗まれた個人情報は、登録者の氏名、住所、電話番号、電子メール・アドレスのみだが、犯人はこれらの情報を使い、企業やモンスターを装った偽メールをモンスター登録者に送信している。中には採用するように見せかけて銀行口座番号を聞き出そうとするメールや、クリックするとパソコン所有者の銀行口座番号などを記録するプログラムが自動インストールされてしまうメールなどもあった。

 モンスター登録者の中には、すでに今年2月に同種のメールを受け取ったという人もいる。同社は8〜9カ月前にこうした不正メールの警告を顧客に送ったが、データベースに不正アクセスがあったという確かな証拠が最近まで見つからなかった。盗まれた顧客情報が保管されていたウクライナのコンピュータは、すでに閉鎖されている。
posted by 顧客情報流出ニュース at 00:00| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。