スポンサードリンク

2008年01月05日

<防衛省>通信網の情報流出 委託先から派遣社員がHD盗む

個人情報ではありませんが、こんな情報、盗まれるほうがどうかしていますね。

(ヤフーニュースより引用)

 防衛省が秘匿情報の通信に使うネットワーク情報が記録された外付けハードディスク(HD)が昨年6月、NTTコミュニケーションズ(東京都千代田区)の事務所から盗まれたことが分かった。警視庁が事務所に勤務していた派遣社員の男(32)を逮捕したが、テロの標的になりかねない施設の位置情報も含まれており、情報管理の甘さを露呈した。

 事件は昨年6月23日夜、千代田区内幸町の同社事務所で発生。盗まれたのは、NTTコム社の専用線ネットワーク情報が記録されたHDで、防衛省情報も含まれていた。男は数日後、HD1台(5000円相当)を盗んだとして、警視庁捜査3課などに窃盗容疑で逮捕された。

 NTTコム社は、官公庁や企業などの顧客に専用線を貸し出し、顧客が指定する複数の地点を中継局を経由しながら結ぶネットワークを提供。防衛省は専用線を、本省と陸・海・空の各自衛隊基地・駐屯地を結ぶ統一的ネットワーク(DII)に利用し、部隊指揮の際にも、暗号化された秘匿情報を伝達しているという。

 盗まれたHDにはバックアップ用回線を含め、防衛省など各顧客のネットワークの中継局が入るビルの名前や回線容量などが記録されていた。NTTコムは通常、重要な顧客情報は外付けHDに保存しないが、今回は自社設備の情報と判断していた。

 同社広報課は「調査の結果、2次流出はなかった。通常のパソコンではデータの意味を容易には読み取れず、流出しても悪用できないはず」と説明。防衛省も「民間から借りている通信回線が使えなくなっても、自前回線で最低限の通信は可能」とし、中継局変更などの措置を取っていない。

 男は「自分用のHDが欲しかった。データは消去した」と供述。昨年9月に東京地裁で懲役1年4月の実刑が言い渡され確定した。過去にも2度、窃盗事件で有罪判決を受けていた。
posted by 顧客情報流出ニュース at 09:16| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

少年刑務所の個人情報流出=職員の私物PCから−法務省

受刑者の個人情報、、、受刑者といえども、本人、家族などのプライバシー侵害は重大な問題です。また、職員の個人情報なんて、悪意で利用されたら・・・想像するとちょっと怖い問題が起こる可能性もありうるかな、、、と。

(時事通信社より引用)

 法務省は25日、水戸少年刑務所(茨城県ひたちなか市)の職員の私物パソコンがウイルス感染し、ファイル交換ソフトを介して受刑者ら約120人、職員約900人の氏名などの個人情報がインターネット上に流出したと発表した。同刑務所は成人受刑者も受け入れており、同省は「現時点で未成年受刑者の個人情報流出は確認していない」としている。
 同省によると、今年4月下旬に同刑務所の40歳代の男性職員が上司から故障した公用パソコンの電子データの修復を頼まれ、自分のパソコンに移した。この職員が修復できないままデータをパソコン内に放置していたため、ウイルス感染で個人情報が流出したという。今月16日に内閣官房情報セキュリティーセンターの指摘で発覚した。
 
posted by 顧客情報流出ニュース at 12:30| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

従業員の個人情報や取引先情報がWinny流出 - 派遣請負会社

自宅パソコンからの、企業の個人情報流出は、とどまるところを知りません。そもそも、自宅で仕事をしなければならないような環境を作り出している企業が悪いとの指摘もありますね。

(SecurityNEXTより引用)

業務請負や人材派遣を展開する宮内工産グループ会社の総商セレクトは、富士事業所に勤務する従業員の自宅パソコンから、従業員の個人情報や取引先情報などがWinnyを介して流出したことを明らかにした。

流出した可能性が高いのは、同社旧沼津事業所において、2004年ごろから2007年8月ごろまでに扱った社内情報の一部。当時の従業員226人の氏名や住所を含む名簿のほか、取引先14社の担当者氏名、会社情報含む請求書、稼動集計表、派遣契約書などが、10月9日以降に流出した。

同従業員が自宅で業務を行うため、社内情報を無断で持ち出して自宅のパソコンに保存。その後ウイルスに感染したことに気付かずWinnyを利用したため、ネットワーク上にデータが流出したと見られている。10月10日、同社に流出を指摘する匿名の電話があり判明した。

同社では、流出した可能性のある個人情報の特定し、関係者に対して謝罪や二次被害の注意呼びかけを行っている。また所轄官庁に事故を報告した。同社では再発防止に向け、情報の持ち出しや個人パソコンの業務利用禁止を再度徹底したほか、情報セキュリティに関する研修を実施するという。
 
posted by 顧客情報流出ニュース at 12:36| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

ソニー生命保険、個人情報1万2500人分流出

また、個人パソコンからの顧客情報流出です。個人PCへのデータ蓄積はダメだとわかってるのになぜやるのでしょうか・・・

(NIKKEI NET より引用)

 ソニー生命保険は28日、営業社員の私用パソコンを通じ、約1万2500人分の個人情報がネット上に流出したと発表した。

 北海道の営業社員が業務用パソコンに入っていた顧客情報データを私用パソコンに移し整理していたところ、ファイル交換ソフト「シェア」を通じウイルスに感染。個人の連絡先や契約内容まで記した顧客情報データ1100人分を含む約1万2500人分の個人情報流出した。同社によると、現時点で情報の不正使用は確認されていないという。
posted by 顧客情報流出ニュース at 12:40| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

NTT東の元社員が顧客情報を3万件流出

だいたい、自宅のPCに顧客の個人情報なんて、こわくて入れておけませんがね。。。何かんがえてるんでしょうかね?

(日経BPより引用)

 NTT東日本は9月20日、元社員の自宅にある個人所有のパソコンから、顧客個人情報が3万1000件流出したと発表した。「現時点で流出情報の不正使用は確認できていない。顧客には多大な迷惑をかけ申し訳ない。今後すみやかに状況をお伝えしていきたい」(広報室)としている。

 元社員はファイル交換ソフトの「Winny」を個人所有のパソコンにインストール。同パソコンがWinnyを標的とするウイルスに感染し、個人情報を含んだファイルがWinnyのネットワーク上に流出した。このファイルは元社員が会社に無断で持ち出し、退職後に問題が発生した。

 3万1000件の内訳は、法人が1万1275件、個人が1万9821件。NTT東は9月4日に業務関連ファイルが流出していること、同13日に顧客情報も流出していることをそれぞれ確認。20日までに件数や項目が確認できたため公表した。情報は、氏名もしくは会社名、住所、電話番号など。4件は銀行口座情報が含まれる。このほか、NTT東社員の氏名やメール・アドレスなどの個人情報も1万件流出していた。
posted by 顧客情報流出ニュース at 00:00| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

警察情報1900件流出=ウィニー介し、自宅パソコンから−三重県警

警察から、個人情報流出です!もうなにがなにやら・・・

(ヤフーニュースより引用)

 三重県警は11日、県警亀山署刑事課の男性巡査(30)の私有パソコンから警察情報約1900件分のデータがインターネット上に流出したと発表した。このうち個人を特定できるものは35件、75人分という。自宅の外付けハードディスクから流出しており、県警は持ち出しができないはずの情報が私物の記録媒体に取り込まれていた経緯を調べる。
 調べでは、自宅でネット上から音楽ファイルなどをダウンロードした際、ウイルスに感染し、ファイル交換ソフト「ウィニー」を介して外部に流れたとみられる。
 流出情報は、捜査書類の記載例などの参考資料が大半で、県内で起きた交通事故や事件の捜査資料なども少数ながら含まれていたという。
posted by 顧客情報流出ニュース at 08:26| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

三菱東京UFJ銀 35万人分情報紛失 顧客氏名や口座番号など

顧客情報は、所在がはっきりしていることが重要。紛失であり、流出ではないと言われても、それは通用しません。現に、いろんなところから、ハガキがきたり電話がきたりする消費者にとっては、納得できることではありません。顧客情報は「保管」する責任があります。

(ヤフーニュースより引用)

 三菱東京UFJ銀行は6日、東京や名古屋、大阪を中心とする163支店で約35万人分の顧客の氏名や口座番号など顧客情報を記載した資料を紛失したと発表した。平成17年9月と18年10月に確認した分を合わせると、顧客情報紛失は約143万人分に上り、同行の内部管理体制が問われそうだ。

 紛失したのは、預金を引き出すなどした支店での取引記録が記載された資料や、長期間利用していない預金口座の明細表など。取引金額のほか、一部資料には住所や電話番号も記載されていた。同行は「保管期限を過ぎた書類に交ざって誤って廃棄した可能性が高く、外部流出の可能性は極めて低い」と説明している。

 同行では、旧東京三菱銀行と旧UFJ銀行が合併準備を進めていた17年9月、約12万人分の顧客情報の紛失が発覚。合併後の18年10月には再発防止に向けて顧客情報を5カ所のセンターに集約する過程で、約96万人分の紛失が明らかになっていた。一連の調査は今回の約35万人分で終了。「顧客情報は不正に利用されたとの連絡はない」としている。

 一方、三菱UFJ証券も同日、約3万7000人分の顧客情報を紛失したと発表した。4年10月から17年5月までの取引記録などで、売買の内容が記載されたケースもあった。顧客情報を紛失したのは前橋(前橋市)、町田(東京都町田市)、富山(富山市)、岐阜(岐阜市)など10支店。不正利用されたなどの連絡はないという。三菱東京UFJ銀行への問い合わせはフリーダイアル0120・088266。三菱UFJ証券はフリーダイアル0120・453234。
posted by 顧客情報流出ニュース at 15:23| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

トーマツが監査先資料を流出、自宅でウィニー使用

顧客情報の流出を社員のせいにしてはいけません。これはホントに難しい問題なのです。

(ヤフーニュースより引用)

 監査法人トーマツは4日、監査先企業24社の業務に関する資料と、その取引先などの個人情報約7000件が、職員の私有パソコンを通じてインターネット上に流出していたと発表した。

 トーマツなどによると、この職員は自宅の私有パソコンに監査先企業の顧客情報を保存していた。8月27日、ファイル交換ソフト「ウィニー」を使用して音楽ファイルをダウンロードしようとした際に、顧客情報が流出した。職員は公認会計士ではないという。

 トーマツは、個人所有のパソコンに業務上のデータを保存することを禁止していた。トーマツ広報室は「再発防止のため社員、職員にルールを徹底し、誓約書を提出させる」と話している。
posted by 顧客情報流出ニュース at 08:22| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

セガ「ファンタシースターユニバース」で個人情報閲覧できる状態に


(ITmediaNewsより引用)

セガのオンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」で、ユーザーの個人情報を閲覧できる問題が見つかった。問題は解決済みで、個人情報流出していないという。

 セガは、オンラインゲーム「ファンタシースターユニバース」の課金システムに問題があり、3月29日から8月22日までの間、登録ユーザーがプログラムを改ざんするなどして不正アクセスした場合、ユーザーの個人情報が閲覧できる状態だったと発表した。実際には不正アクセスはなく、個人情報は流出していないという。

 閲覧されるおそれがあった個人情報は、最大で4万7494人分の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、課金履歴、ゲームID。ログインパスワードやクレジットカード情報は含まれていなかった。

 登録ユーザーが、課金システムのプログラムを改ざんするなどして不正にアクセスした場合に、閲覧可能な状態になっていた。問題は8月22日午後9時ころ、同社のスタッフが課金システムの動作を検証している際に判明し、課金システムを停止。問題を解決して8月23日午後3時に再開した。

 同社は、同ゲームを含めた4つのゲームで、課金システムの構築・運営をISAOに委託していたが、ほかのゲームには問題はなかったとしている。

posted by 顧客情報流出ニュース at 23:51| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

静岡銀行、顧客情報3864件記載のATMジャーナルを紛失

こんなものまで個人情報としての管理が必要なんですよね。

(セキュリティネクストより引用)

静岡銀行は、取引情報など個人情報を含むATMジャーナルを紛失した。3864件の顧客情報が記載されているという。

所在がわからなくなっているのは、ATMの取引内容を記録したロール状の用紙で、名古屋支店や富塚支店など6支店や1出張所に設置されているATM8台分の取引内容が含まれていた。顧客3864人分の氏名、口座番号、取引金額、取引後残高、銀行コード、支店コードなどが記載されていた。

紛失経路や原因については調査中としているが、同行では誤って廃棄した可能性が高いと見ており、外部へ漏洩するおそれは低いと説明している。

posted by 顧客情報流出ニュース at 12:54| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

個人情報130万人分盗まれる〜モンスター・コム、被害者に通知

顧客情報を盗むのみならず、ハッカーにかかるとこんなことまでされてしまうんですね。。。

(US FrontLineより引用)

 就職斡旋サイト大手モンスター・コムで130万人分の個人情報がハッカーに盗まれたことが分かり、同社は24日までに被害者に郵便で通知を始めた。

 ロサンゼルス・タイムズによると、ハッカーが企業顧客を装ってモンスターのデータベースにアクセスし、就職希望者の履歴情報を盗んだとみられる。親会社のモンスター・ワールドワイドがこのほど、コンピュータ・セキュリティ大手シマンテックが見つけたデータを分析して被害者を特定した。

 モンスターには約7000万人の履歴情報が蓄積されている。今回の事件は、連邦捜査局(FBI)およびテロの予防捜査を担当する国土安全保障省のシークレットサービスが調査を進めている。

 盗まれた個人情報は、登録者の氏名、住所、電話番号、電子メール・アドレスのみだが、犯人はこれらの情報を使い、企業やモンスターを装った偽メールをモンスター登録者に送信している。中には採用するように見せかけて銀行口座番号を聞き出そうとするメールや、クリックするとパソコン所有者の銀行口座番号などを記録するプログラムが自動インストールされてしまうメールなどもあった。

 モンスター登録者の中には、すでに今年2月に同種のメールを受け取ったという人もいる。同社は8〜9カ月前にこうした不正メールの警告を顧客に送ったが、データベースに不正アクセスがあったという確かな証拠が最近まで見つからなかった。盗まれた顧客情報が保管されていたウクライナのコンピュータは、すでに閉鎖されている。
posted by 顧客情報流出ニュース at 00:00| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

経済産業省、個人情報保護ガイドラインの説明会を全国で開催

お国も、相次ぐ大企業関係の顧客情報の流出事件に慌てているのではないでしょうか?おともと無理があるような気もしてたのですが。。。

(セキュリティネクストより引用)

経済産業省は、「経済産業分野を対象とする個人情報保護ガイドライン」の説明会を9月から10月にかけて全国8カ所で開催する。参加には事前登録が必要。

同省では、ガイドラインの見直しを3月に実施しており、今回の説明会では改正におけるポイントなど、概要について説明を行う。さらに野村総研やジャパネットたかた、アイネスが講師として参加し、取り組み事例を紹介する予定。また同省では、今後の見直しの参考のため、聴講者から意見などを募る。

経済産業分野を対象とする個人情報保護ガイドラインに関する説明会
http://www.kojin-joho.com/

posted by 顧客情報流出ニュース at 12:48| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

静岡銀行、3864人分の顧客情報紛失

銀行の個人情報が紛失です。

(NIKKET NETより引用)

 静岡銀行は21日までに、顧客情報を記録した支払伝票を紛失したと発表した。ATMの取引内容を記録したATMジャーナルというロール状の紙。6月に名古屋支店で紛失が判明、調査の結果、静岡、浜松を合わせた3市の7支店8台で計3864人分の顧客情報のデータを発見できなかった。仮名表記の氏名や口座番号、取引金額などが記載されている。暗証番号や住所などの情報は含まれていない。

 被害報告はなく、同行は誤って廃棄した可能性が高いとしている。
 
posted by 顧客情報流出ニュース at 00:00| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

イーバンクがプライバシーマーク取得、ネット専業銀行で初めて

プライバシーマークが、ネット銀行ではじめて、というのも、意外ですが。。。(言われて気づくほうももんだいでしょうか)

口座、作っときます?


(インターネットウォッチより引用)

 イーバンク銀行は17日、プライバシーマークを取得したと発表した。インターネット専業銀行としては初めてだという。

 プライバシーマークは、個人情報の適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者を認定するもの。財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)が設置している委員会の審議を経て認定される。8月20日現在、認定事業者は8,138社ある。

 これを受けてイーバンク銀行のサイトでは、認定事業者であることを示すプライバシーマークを掲示している。イーバンクでは、今後も個人情報の適切な取り扱い体制の整備を続けていくとしている。
posted by 顧客情報流出ニュース at 12:49| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

顧客情報1241人分記録のPC紛失…三井住友海上2社

パソコンのパスワードをしっかり設定しているようですが、それ以前の管理の問題ですよね。

(読売新聞より引用)

 三井住友海上火災保険と子会社の三井住友海上きらめき生命保険は20日、両社あわせて1241人分の顧客情報を保存していたパソコン1台を紛失したと発表した。

 両社の代理店(松山市)の従業員が8月10日、パソコンを入れたカバンを松山市内の駐車場に置き忘れ、紛失した。パソコンには顧客の氏名や住所、生年月日、契約内容などが保存されていた。

 両社は「パソコンを起動するにはパスワードの入力が必要。指紋による本人認証機能も設定しており、第三者が個人情報を閲覧するのは難しい」と説明している。顧客情報が不正に使用された事実は、現段階では確認されていないという。
posted by 顧客情報流出ニュース at 00:00| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

新幹線に顧客情報含むPCを置き忘れ - デリカフーズ子会社

PCに何もセキュリティ対策をせずに持ち出すなんて・・・

(Security NEXTより引用)

デリカフーズは、子会社の従業員が個人情報を保存したノートパソコンを新幹線の車内で紛失したと発表した。

名古屋デリカフーズの従業員が8月7日に東海道新幹線で移動する際に車内へ置き忘れ、紛失したもの。パソコンには取引先の顧客情報が保存されていたという。

パソコンにはセキュリティ対策など行われておらず、関連する顧客に対して事情の説明や謝罪を行っている。またデリカフーズでは、グループにおいてセキュリティ対策を進めてきたが徹底されていなかったとして再発防止を目指すという。
 
posted by 顧客情報流出ニュース at 19:14| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

患者5万人の個人情報を記録したノートPCが盗難、東芝病院

また病院で個人情報流失の恐れです。ただ、パスワードをしっかり設定しているようなので、大丈夫ではないでしょうか?故意に盗まれる場合は、ある意味いたし方ないかもしれませんね。。。

(NikkeiBPより引用)

 東芝病院は8月16日、患者4万8937人分の個人情報が入ったノート・パソコンが盗難に遭ったと発表した。ノート・パソコンには患者の氏名、性別、生年月日のほか、カルテ番号や病理検査所見などが保存されていた。また、それとは別に同病院で健康診断を受けた2219人の氏名と年齢も記録してあった。

東芝病院によると、同病院が病理システムの作成および保守を委託していた業者が8月8日夜に外出先の駐車場で盗難に遭い、ノート・パソコンを紛失。業者は警察署に盗難届けを提出したが、16日現在、問題のノート・パソコンは見つかっていない。

ノート・パソコンは二重にパスワードを設定しており、第三者の閲覧は困難としている。また、これまで個人情報の不正使用の事実は確認していないという。東芝病院では今後、被害に遭った患者に順次、文書で謝罪と説明を行う。

posted by 顧客情報流出ニュース at 23:27| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

SNSユーザー、見知らぬ相手にも簡単に情報公開

SNSでの個人情報の危険性ですね。SNSはお金儲けが目的で参加している人もかなり多いと思われるので、自分の個人情報とお金儲けを天秤にかける可能性も高いメディアです。

(IT Media news より引用)

 SophosはFacebookで試験的に、「Freddi Staur」(詐欺師のFraudsterをもじった名前)という緑のカエルのキャラクターのプロフィールを作成し、自分についての情報は最低限しか公開しないまま、200人に友達登録のリクエストを送って反応を調べた。

 その結果、200人中87人から返事があり、41%に当たる82人の個人情報を簡単に入手できてしまったという。個人情報の内容は、学歴や仕事に関する情報(87%)、誕生日(84%)、電子メールアドレス(72%)、現住所/居住地(78%)などが多く、ほぼ4人に1人が電話番号やインスタントメッセージング(IM)のスクリーンネームまで公開していた。また、家族や友人の写真を掲載したり、配偶者の名前を明かしているユーザーも多かったという。

 これだけの情報があれば、特定の個人や企業を標的としたフィッシング詐欺メールやマルウェアの送信、パスワードの推定が可能になるほか、なりすましやストーカー行為もできてしまうとSophosは警鐘を鳴らしている。

 Sophosはこうした事態に対処するため、Facebookユーザー向けのベストプラクティスを公開。なりすましの被害に遭わないために、プライバシー設定の方法や、友達を追加する際の注意事項などについてアドバイスしている。

posted by 顧客情報流出ニュース at 12:23| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

顧客の個人情報がWinny流出の可能性 - セイコーアイ・インフォテック

セイコーアイ・インフォテックは、顧客の個人情報がファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出した可能性があると発表した。

流出した可能性があるのは、同社が1976年から2002年までに扱った顧客の個人情報6957件。氏名をはじめ、会社名や住所、役職、電話番号といった勤務先の情報などが含まれる。また親会社であるセイコーインスツルのグループ会社従業員の氏名など190件も流出した可能性がある。

従業員は、2003年に自宅で業務を進めるため自宅へデータを持ち出していたもの。2004年からパソコンへWinnyをインストールしていたが、7月28日にウイルス感染に気が付いたという。同社では、業務情報の持ち出しを禁止していたが、守られていなかった。10日の時点で個人情報の不正利用など受けていないとしている。

同社では、経済産業省へ事故を報告し、関連する顧客へ事情説明と謝罪を行った。持ち出しに関する規定の見直しなど再発防止策を実施するという。

posted by 顧客情報流出ニュース at 12:44| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

個人情報入りPC1台盗難=患者1542件分−国立がんセンター

病院の個人情報も危険ですね。

(ヤフーニュースより引用)

 国立がんセンター(東京都中央区)で患者1542件分の個人情報が入ったパソコン1台が盗まれていたことが13日、分かった。同センターは、警視庁築地署に被害届を出した。
 同センターによると、10日午前8時半ごろ、中央病院病理検査室で、出勤した男性職員が、机の上のノートパソコン1台がないのに気付いた。パソコンには、患者の名前や生年月日、手術時の所見などの個人情報が入っており、大腸がん患者が1496件、食道がん患者46件。
 
posted by 顧客情報流出ニュース at 00:00| 顧客情報流出ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。